Wakaya Group

Welcome / ようこそ

ここは,大阪大学・大学院基礎工学研究科・附属極限科学センター・若家グループのホームページです。

Access / アクセス

Address:〒560-8531 大阪府豊中市待兼山町 1-3
Map/ 地図・交通機関でのアクセス
Office:基礎工学研究科,部屋番号D354
TEL:06-6850-6670
Homepage: www.ae2.stec.es.osaka-u.ac.jp

News / 更新情報・お知らせ

2019年
4月1日
平成31年度の4年生とM1の学生の研究室配属が正式に発表され, 若家グループに,坂本瑞樹くん(4年生),野見山大地くん(4年生),武内勇人くん(M1)が配属されました。
3月9~12日
第66回応用物理学会春季学術講演会が東京で開かれました。 若家は研究発表をしました。
3月8日
平成30年度生体医歯工学共同研究拠点成果報告会が東京で開かれました。 若家は「超小型X線源のためのレーザー照射焦電体からの電子放出過程の研究」というタイトルで成果報告しました。
2月28~3月1日
第16回真空ナノエレクトロニクスシンポジウムが東京で開かれました。 若家は座長を務めました。
2月18~19日
卒業論文発表会がありました。 武内勇人くんが 「グラフェン歪センサーを用いた自己検出型カンチレバーに関する研究」 というタイトルで発表しました。
2月12~13日
修士論文発表会がありました。 石原浩行くんが 「原子間力顕微鏡法における薄膜破壊に関する研究」 というタイトルで発表しました。
1月8日
修士論文中間報告会がありました。 大澤謙太くん(M1)が報告しました。

2018年
12月27日
大掃除しました。
12月8日
Appl. Phys. Lett. に投稿した論文が Editor's Pick に選ばれました。
Appl. Phys. Lett. のホームページ
11月20日
2018年日本表面真空学会学術講演会・シンポジウム「真空電子源技術の新展開」が 神戸で開かれました。若家は座長を務めました。
11月13~16日
31st International Vacuum Nanoelecronics Conference 31st International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2018)(Sapporo) において, 若家が研究発表をしました。
11月5日
第31回真空ナノエレクトロニクス国際会議 (31st International Vacuum Nanoelecronics Conference) の Extended Abstract が IEEE Xplore で公開されました。
DOI: 10.1109/IVNC.2018.8520177
10月12~13日
The 10th Japan-Korea Vacuum Nanoelectronics Sympojium (Hachinohe) において, 若家が招待講演をしました。
10月2日
日本学術講演会真空ナノエレクトロニクス第158委員会第124回研究会(浜松)において, 若家が招待講演(依頼講演)をしました。
10月中旬~
石原くん(M2)と武内くん(4年生)が,つくばの産業技術総合研究所に滞在し, 実験をしました。
9月18~21日
第79回応用物理学会秋季学術講演会が名古屋国際会議場で開催されました。 石原くん(M2)と大澤くん(M1)が研究発表をしました。
7月9~13日
第31回真空ナノエレクトロニクス国際会議 (31st International Vacuum Nanoelecronics Conference (IVNC2018)) が京都で開催されました。 若家は現地実行委員の一人でした。また,小松くんの卒業研究の結果を ベースとした口頭発表をしました。石原くん(M2)と武内くん(4年生)は,受付や会場 担当のアルバイトとして,会議の運営を手伝ってくれました。
5月29日
「焦電体を用いた小型X線源のためのX線発生過程の研究」が 生体医歯工学共同研究拠点の共同研究課題として採択(継続)されました。
4月2日
「磁気力顕微鏡を用いたナノ領域の金属探知機の研究」が 科学研究費助成事業(科研費)に採択されました。
4月2日
平成30年度の4年生とM1の学生の研究室配属が正式に発表され, 若家グループに,武内勇人くん(4年生)と大澤謙太くん(M1)が配属されました。
03月17~20日
第65回応用物理学会春季学術講演(早稲田大学)に参加し, 研究発表 しました。
02月20~21日
卒業論文発表会がありました。 大澤謙太くんが 「磁気力顕微鏡による非磁性金属検出における電流間相互作用の理論的研究」 というタイトルで発表し, 小松天太くんが, 「レーザー照射焦電結晶電子源の高機能化のための基礎研究」 というタイトルで発表しました。
02月15~16日
修士論文発表会がありました。樫田健汰くんが 「電子ビーム誘起堆積Ptを用いた自己検出型カンチレバーの変位感度向上に関する研究」 というタイトルで発表しました。

2017年